薄毛の原因と様々な対策

ドライヤーを正しく使って抜け毛を防ごう!

髪の毛を洗った後にドライヤーを使ってブラッシングすると、床に抜け毛がいっぱい散らばっていてショックという方も多いのではないでしょうか。
それはもしかしたらドライヤーの使い方が悪くて、頭皮にダメージを与えていることが原因かもしれません。
特に短くて先端が細い髪の毛は、生えたての新しい髪の毛です。
この毛が大量に抜けているようであれば、新しい髪が育たないために薄毛になってしまう恐れもあります。
抜け毛が多い(から)といって慌てて育毛剤を使うのではなく、まずはドライヤーの使い方を見直してみましょう。

びしょびしょに濡れた髪の毛にそのままドライヤーをかけるという方はいないと思いますが、どうせドライヤーを使うからとタオルではあまり乾かしていない方はいらっしゃいませんか。
濡れている髪の量が多ければ、それだけ長い時間温風を当てなければいけなくなるため、頭皮の負担になってしまいます。
まずはしっかりとタオルで水分を取っておくことが大切です。

髪の毛をタオルで拭くというと、髪の毛や頭皮をバサバサとこすりがちです。
でも濡れている髪の表面はキューティクルが開いているため、簡単に傷んでしまいます。
タオルでこするのではなく、タオルを持った両手で髪の毛をはさんで、水分をタオルに移す気持ちで軽く押さえましょう。
頭皮や髪の根元も丁寧に押さえてください。
濡れた状態の髪の毛をブラッシングするのは、傷みのもとになるのでやめましょう。

次にドライヤーを使いますが、髪の毛から15~20cmほど離して使うことが原則です。
多くの方が近すぎる状態で使っているようですが、髪の毛は80%がタンパク質なので、熱によって変性してしまうことをご存知でしょうか。
肉を焼いたら生には戻らないように、髪の毛も一度変性したら戻りません。
水分が抜けて乾燥しやすくなるため、枝毛や切れ毛になってしまいます。
傷んだ髪は抜けやすいため、さらなる抜け毛につながるという悪循環に陥ります。
ドライヤーと髪の毛が近すぎることのないように、特に温風モードを使っている間は鏡で距離をしっかり確認しながら乾かしましょう。
一カ所に集中して当て続けないことも重要です。

風の当て方は、髪の根元から毛先に向かって、髪の毛が生えているのと同じ方向に当てていきましょう。
温風の熱ではなく、風で乾かすつもりで当ててください。
頭皮に当てると乾燥してしまうので、当てないようにします。

温風で8割くらい乾かしたら、冷風に変えて頭皮の毛穴やキューティクルを引き締めます。
冷風であっても距離が近すぎることのないように気をつけましょう。
頭皮と髪の毛の熱がなくなってから、ブラッシングをして整えましょう。
ドライヤーの距離、風の当て方、温風と冷風の使い分けを見直して、髪の毛のダメージを極力抑えることが、抜け毛の予防です。

自然乾燥は頭皮環境を悪化させるので注意!

ドライヤーが良くないなら、自然乾燥のほうが良いのではと思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも、濡れたままの髪の毛はキューティクルが開いたままなので、髪の毛が傷みやすい状態です。
自然乾燥で髪の毛が乾くまでの間は、ずっとダメージを受けやすくなっています。
特に髪の毛が長い方は乾くまでの時間も長くなるため、ドライヤーで早く乾かすほうが良いでしょう。

さらに、濡れた髪の毛は体温で蒸れた状態になるため、雑菌が繁殖してしまうこともあります。
雑菌は頭皮環境を悪化させるため、ニオイやかゆみ、べたつきの原因になってしまうのです。
特にシャンプーやコンディショナー、スタイリング剤、育毛剤などが残っていると、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。
ニオイやかゆみ、べたつきが気になる方は、正しい洗髪や丁寧なすすぎにも気を配りましょう。

雑菌が繁殖しやすくなる自然乾燥よりも、ドライヤーを正しく使って早く乾かすほうが、頭皮環境にも良いですし、髪の毛への負担が大きく減ります。
それだけ、抜け毛も減るのです。
抜け毛や薄毛が気になる方は、育毛剤を使用している方も多いことでしょう。
でもその前に、ドライヤーの使い方を見直して、頭皮のダメージを減らすことが大切です。